2010年03月29日

対戦動画29


 @ましさん、対戦ありがとうございました。
 混乱でパルシェンが二回動けなかったのと、チャーレムでポリゴンを倒す予定が、麻痺で何もできずに倒れたのは非常に痛かったです。硬いトリデプスですが、ポリゴンZの高い特攻は少々辛いものがあります。
 あと大きな収穫はモジャンボを倒せた事です。モジャンボは防御力がとても高いので、パルシェンやチャーレムでは突破できなかったでしょう。
 トリデプスにモジャンボを出してきた時点で地震を持っている事は予想できました。なので、トリデプスでいちゃもんを付けて、地震読みで守るを選択したのですが、結果はパワーウィップで地震を食らう形になりました。大ダメージを受けましたが、パワーウィップをメタルバーストで返してもモジャンボを倒す事ができなかったので結果的には良かったのかも知れません。
 
posted by @ゴキブリ at 15:12| Comment(2) | バトレボ対戦動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月16日

どうも

 良い試合が撮れなくて更新できない@ゴキブリです。
 最近ランダム対戦で変なタイミングで降参される事が多いのですが、流行なのですか? 
 近々対戦動画をうpしたいと思ってはいるのですが、なかなか…ね。
 もう、いっそのこと、フレンドバトルを募集している方のところに突撃しちゃおうかな… でも、ボロ負けしたらソレはそれで恥ずかしいw

 そうだ。今日ランダムで恥ずかしい事をしました。ノーマルスキンエネコロロでマルノームやトリデプスに毒毒を撃ちました…
 そのときはノーマル技だから大丈夫だと思っていたのですが、毒タイプも鋼タイプも「毒状態にならない」でしたね…
 サンダースやランターンに電磁波が効くものだから、それと同じ感覚で使っていました。こんなミスが動画としてupされたらそれこそ恥ずかしい…
posted by @ゴキブリ at 02:09| Comment(2) | ポケモン雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月07日

対戦動画28


 @KonBさん対戦ありがとうございました。
 今回の試合は悩む場面が多かったです。バシャーモをアブソル突破のために無傷でとっておきたいがためにロトムでハガネールを相手にしたのですが、アブソルを出され、交換を読まれ追い討ちでロトムが落ちてしまいました。ロトムは色々なポケモン相手に戦えるので温存しておきたかったのですが…
 しかし、バシャーモを無傷で場に出す事が出来ました。本当ならば真空刃で攻撃するべき場面でしたが、アブソルを交換されて残り一体のポケモンが場に出てきた場合、スカーフの無いバルビートと中途半端な素早さのバシャーモでは厳しいと思い、馬鹿力を選んだのですがこの選択はダメでした。馬鹿力の副次効果の防御力ダウンが大きかったです。交換を読んでいるのならば、オーバーヒートの方が良かったのかもしれませんが、相手の方の残りの手持ちから、馬鹿力の良いと判断しての選択です。
 ゴキビートもがんばりました。あんな高ダメージの悪あがきは始めて見ましたw でも、そのおかげで虫の知らせが発動して、ヤドキングをあそこまで追い込むことができました。
 対戦ありがとうございました。
posted by @ゴキブリ at 17:40| Comment(0) | バトレボ対戦動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月03日

サポートロトム

前回の記事では対戦動画27で活躍したグランブルを紹介しましたが、グランブル以上に活躍したロトムを紹介していませんでした、よね?w

i_rotomu.gif
性格:おくびょう

努力値:HP 素早さ
技:鬼火 充電 シャドーボール 
持ち物:こうかくレンズ

 記事タイトルではサポートと書きましたが、あらゆる場面で活躍してくれるので、どちらかと言うと準万能型かもしれませんw
 技構成を見ていただいて分かるとおり、補助技と攻撃技を採用しており、基本的に物理相手には鬼火、特殊相手には充電で防御力を高め、攻撃技で反撃します。
 相手にダメージを与える事よりも自分が生き残る事を考えているので、努力値はHP、素早さに振りました。相手より先に行動できる事が多いので、鬼火充電は大きなアドバンテージになります。また、充電の電気技威力アップや鬼火の毎ターンのダメージは、努力値を特攻に振らなかった分の火力不足を補ってくれます。
 持ち物は鬼火に相性が良い広角レンズにしました。しかし、それでも77、鬼火82.5と命中率が不安定です。
 実際に使ってみて、充電はいらないのでは? と思う事が多々ありました。充電は、「次のターン1.5倍の電気技つかうよ〜」という意味も持っているので、交換を誘発する効果も持っていると考えています。そこで鬼火やらシャドーボールを選択するのですが、どちらも威力不足なので結局特防を1段階アップするだけで終わる事が私は多いですw それでも、相手の交換を誘発させるのは強力です。それを利用して勝利に繋げるのはトレーナーの腕次第だと思います。
 と、充電は本来の技の効果より、交換を誘発させるような心理的な高価の方が高いと感じました。もし、ロトムが交換して後に繋げる、又は居座ることを役割としているのならば、ひかりの壁でも良いかもしれないと感じました。また、低いHPと耐久力を活かした痛み分けも良いかもしれません。

 ロトムはタイプと覚える技から強力なポケモンだと思います。多くの場面で活躍してくれるので、迷ったらロトムを入れることも多いです。 はやく、フォルムチェンジしたロトムがバトレボで使えればいいな〜
 というか、当たり前の事しか書いていませんねw この程度の事しか書けないのがゴキブリと名乗る所以なのですよw
posted by @ゴキブリ at 00:07| Comment(4) | メンバー紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月02日

物理受けグランブル

どうもご無沙汰です。
前回の動画で活躍したグランブルをまだ記事にしていなかったので、遅ればせながら生存報告も兼ねて記事にしたいと思います。

i_guranburu.gif
性格:ずぶとい
特性:いかく
努力値:HP 防御
技:リフレクター おんがえし 大文字 しっぺがえし
持ち物:オボンの実

 物理受け特化です。グランブルは物理受けとしてかなり優秀と考えています。特性の威嚇はもちろんの事、あまえる、ビルドアップ、リフレクターなどを物理受けとして優秀な技を覚えます。その中でも、交換しても交換されても効果が残るリフレクターを今回は採用しました。ただ、4ターン経過すると無くなってしまうのが厳しいです。
 また、受けポケモンと聞くとどうしても火力が劣り、毒々でじわじわ削ったり、補助技を積んで火力を補う事が多いですが、攻撃の種族値が120もあるので、努力値や正確補正が無くともそれなりの火力があります。メインウエポンは恩返し。恩返しが効かないゴーストや鋼にはしっぺ返しと大文字です。岩?知らんがな。
 大文字は、命中率も高く威力も高いオーバーヒートの方が良いかもしれないです。大抵の鋼タイプは炎技を見ると引くので、それなら威力と命中安定のオーバーヒートの方が良さそうですね。炎のパンチも覚えますが、ハガネールやメタグロスの事を考慮して特殊技にしました。
 
posted by @ゴキブリ at 00:07| Comment(0) | メンバー紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月13日

対戦動画27

 2〜3ヶ月ぶりの動画投稿になりました。お久しぶりです。
 動画内の投コメでも書いたのですが、試合内容を厳選しすぎて全く上げる事ができなくなっておりました。


 @ライチさん、対戦ありがとうございました。
 お互い、運が勝敗を大きく左右した試合だと思います。ウインディが貰い火で無くて良かった… あれで貰い火だったら3タテされていたのではないでしょうか。あと、グランブルVSストライクですね。虫食いでオボン食べられたのと、急所が痛かったです。
 試合の後半、「虫食いとツバメ返しならリフレクあるから耐えられるな。まだ勝敗は分からんぞ!」とwiiリモコンを強く握っておりましたw
posted by @ゴキブリ at 23:18| Comment(2) | バトレボ対戦動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月28日

ギャーメイル

本来ならば動画で戦っている姿を公開してから紹介するのですが、記事にするネタが無いので、書いちゃいます。
i_gaameiru.gif
性格:うっかりや
努力値:素早さ 特攻
技:おいかぜ エアスラッシュ むしのさざめき とんぼがえり
持ち物:きあいのタスキ

 ガーメイルはこれで3匹目です。1匹は物理型 2匹目は特殊型 で今回3匹目となったコイツは特殊+サポート。今回HGSSで「おいかぜ」を覚えたので早速作りました。
 2匹目の特殊型と違うところはおいかぜが入っただけとあまり変化は無いのですが、使い勝手が全く違いました。
 追い風は高速移動などの変化技と違い、交換しても効果は場に残ります。そのため、1ターン目で追い風をし、ここで攻撃を受けてタスキが発動すれば、2ターン目は特性むしのしらせが発動して通常よりも虫技が強化されます。そのまま捨て身のむしのさざめきとんぼ返りで温存することができます。この時、相手が先制技を持っていると非常に辛いので、その可能性があるならば無理せず引いちゃいます。
 今のパーティにはバシャーモとかレアコイルなどの中途半端な素早さを持つポケモンが多いので、1ターンですが追い風による素早さ↑の効果は非常に美味しいです。
 Cap34.mpg_000069969.jpg

 今回スピアーも追い風を覚えたので とんぼがえり どくづき がむしゃら おいかぜで作ってみたいです。正直、ガーメイルよりスピアーでやった方が良いですね。
 バトルポイント貯めるの面倒くさい…
posted by @ゴキブリ at 23:54| Comment(2) | メンバー紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月27日

物理アタッカー兼物理受けカイリキー

今回HGSSでワンリキーのタマゴ技にパワートリックが追加されたので作ってみました。
i_kairikii.gif
性格:いじっぱり
努力値:HP 攻撃
技:ばくれつパンチ ストーンエッジ パワートリック ひかりのかべ
持ち物:オボンの実

 性格はパワートリックの事を考えて意地っ張りにしました。
 攻撃技は、威力も高く相手を混乱させることができるばくれつパンチと、格闘のサブウエポンでおなじみの岩タイプ技、ストーンエッジです。どちらの技も物理受けに役割を変えた時、混乱と急所に当てることによって低くなった攻撃力をカバーしてくれる効果があります。また、特性がノーガードなので命中率を気にする事無く選択できるのはかなり良いです。
 補助技はパワートリックとひかりのかべです。パワートリックは確定としてひかりのかべはまだ決定では無く、なんとなく入れているのですが、意外と使えました。できれば、ひかりのかべを回復技に変えたいです。

 何戦か使ってみましたが、素早さが低いので何をするのも攻撃を受けてからになってしまうのは痛い点でした。役割を切り替えている間にHPが減ってしまうのが難点だと思います。また、回復手段がオボンの実しかないので、物理受けとしてどうなのかな?と思いました。
 それでも、試合の流れによってアタッカーになったりディフェンダーになったりと、そのガッチリとした不器用そうな外見からは想像できない器用な戦いができて使っていてとても面白かったです。
あと、対戦動画26の方でパワートリックよりビルドアップをした方が良いとの意見がありましたが、それもありだと思います。しかし、ビルドアップを何回か積まないとアタッカーとしても物理受けとしても中途半端になってしまうと思ったので、攻撃特化のアタッカーから1ターンで防御力200超えの物理受けに変身できるパワートリックにしました。攻撃力200超えタイプ一致のばくれつパンチは自分でもビックリするくらい強力でしたw
グライオンもパワートリックを覚えるのですが、グライオンの場合はパワートリックよりも剣の舞の方が良いとの事です。
 これで素早ければ、相手より早く役割を変えることができるのですが… ほかのポケモンとの連携が大事ですね。
posted by @ゴキブリ at 01:52| Comment(2) | メンバー紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

対戦動画26



 てる@らいさん対戦ありがとうございました。
 さて、今回初めてハートゴールドで育てたポケモンを投入してみました。見ての通り、カイリキーです。個人的には、勝利に大いに貢献してくれたと思っております。
 こうして再度試合を見ると、ネイティオを倒せて本当に良かったです。下手したらネイティオに全滅させられていたかもしれません。

それと、パワートリックする場面で動画内のコメントで「パワートリックするより殴ったほうが良い」とか「遊ぶな」とか「ころしてやれよ」とのコメントがありました。ガルーラの恩返しで「図太い HP 防御振り」のトロピウスがあそこまでダメージを受けていることから、パワートリックしていなかったらカイリキーの素早さと防御力を考えると、ガルーラの猫騙し+恩返しでやられてしまいます。
posted by @ゴキブリ at 01:27| Comment(0) | バトレボ対戦動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月19日

10前のトラウマ再来

DVC00044.JPG
今からこの手持ちでミルタンク倒しに行きます。
posted by @ゴキブリ at 22:55| Comment(2) | ポケモン雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。